公務員試験戦記ロゴ

受験記録

大卒向け国家

国家I種
国家II種
国家II種2次
官庁訪問日記〜天ノ巻
官庁訪問日記〜地ノ巻
官庁訪問日記〜人ノ巻
参議院事務局II類
防衛庁II種

大卒向け地方上級

東京都特別区I類
東京都II類

大卒向け自衛隊

自衛隊一般幹部候補生
自衛隊一般幹部候補生2次

大卒向け警察官

警視庁警察官I類
埼玉県警察官I類

大卒向け消防官

川崎市役所消防士
川崎市役所消防士2次

大卒向け市役所

東松山市役所
東松山市役所2次
大宮市役所
和光市役所
和光市役所2次

高卒向け試験

国家III種・郵政事務A
国家III種・郵政事務A2次
防衛庁III種
防衛庁III種2次

説明会等

自衛隊一般幹部候補生2次試験説明会
関東郵政局採用説明会

総括

1999年度版
2000年度版

東京都II類

■試験の概要

 東京都の短大・専門卒程度の職員を採用する試験、のはずであるが、1類がワンランク高い試験と考えられていて、実質大卒程度の試験であるようだ。試験は例年、1類の試験の翌週である6月の第4週に行われる。
 東京都の試験は特別区とは違い、合格イコール採用なのでけっこう人気はあるようだが、東京都の財政事情の関係でここ数年採用数がかなり減少しているのが現実である。
 また、この週も他の公務員試験、特に都道府県の試験と重なるため、どこを受験するかについて熟慮が必要となる。
 試験会場は、特別区と同じような傾向で都内の私立大学の校舎を借りて実施される。

■1次試験のながれ

▼教養試験

 難易度的には、どこにでも転がっている教養試験。問題に選択の余地が少々あるが、他の試験と大きな違いはない。

▼専門試験

 択一式の専門試験。問題に選択の余地がそこそこあり、経済をそれほど答える必要がないのが救いか。問題の難易度は、可もなし不可もなし程度。というか、前週の試験に比べれば簡単なはずである。

▼論文試験

 ごく普通でありきたりの論文試験。テーマも、それほど変なものは出ないだろう。キーワードは、「東京」である。あらかじめ過去問等を使って予習しておけば、間違いは起きないであろう。

■感想

 東京都。そこは大日本帝国の首都である。そして、そこで働く官吏を登用する試験がこれである。
 1類も存在しているが、倍率がなんかとんでもなかったりして、受験率は低いようだが、2類はさして倍率も高くないので受験率が高いようである。
 そしてこの日、首都東京は嵐のような天気であった。

 私の結果:1次不合格

戻る

©ゆうじゅん