施設概要 職 員 沿 革 地図

・私たちは、障害のある方々の自立に向けてよきパートナーを目指します。

■ わかば福祉会の方針

1. 利用者を主人公とし、本人の意向を尊重しながら「生活」「労働」を通して、一人ひとりの豊かな発達と
  自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目指します。

2. 障害福祉の担い手として、利用者、家族の願いに基づき、安心して生活が送れるよう障害者福祉事業の
  環境整備・事業の拡大・機能の充実を目指します。

3. 地域の方々との交流を図ると共に、地域住民の障害に対する理解と支援を広げ、障害者福祉の充実を
  図ることを目指します。

4. わかば福祉会関係者の総意に基づき、事業運営・経営の透明性の確保を目指します。
■ 施 設 概 要
・施設住所 和歌山県新宮市下田二丁目6番40号
・運営主体 社会福祉法人 わかば福祉会
・理事長 久保三千夫
・施設概要 土地(借地)2,046u 他に畑を3ケ所借用している。本館・別館は下図参照
・利用対象者 知的障害者が中心ですが、身体障害者や精神障害者の方も利用できます。
・利用定員 38名
・作業時間 原則として毎月22日開所
毎週月曜日〜金曜日
年数回は、土曜日に行事を開催する。
8:40〜16:00(12:00〜13:00昼食)
・平均工賃 23,244円(平成25年度)
・送 迎 原則、自主通所ですが、障害に応じて送迎します。
・職 員 施設長 1名  事務員 2名  
就労継続支援B 6名
生活介護     9名(うちパート4名、看護師1名)
        厨房職員  2名(うちパート1名)
        送迎職員  1名(パート)
        グループホーム世話人7名


    ■別 館 2
   
    建物面積 74.27u (延床面積)
     
 木工作業室
■ 沿 革
1975年10月 新宮市に施設建設陳情  
1978年 9月 プレハブ平屋建てで作業開始 指導員2名、利用者7名 はがき・名刺印刷、縫製などが主な作業
1981年 6月 新宮市新宮に移転(市隣保館の一階を借用)
1983年 7月 法人化準備委員会を結成。 指導員3名体制
1987年     利用者18名となる
1989年10月 新宮市より障害福祉に功労ありと表彰される
1993年 6月 社会福祉法人わかば福祉会設立発起人会発足
1994年11月 社会福祉法人わかば福祉会認可となる
2003年 4月 定員30名から38名へ
2004年 4月 グループホーム(かみくらホーム)開始
2010年 4月 国制度のグループホームに移行
2010年11月 新体系に移行
          生活介護事業    定員16名
          就労継続支援B型  定員22名
2011年 4月 グループホーム定員10名に増員(浮島開始)
■ 周辺マップ

・市内バス利用

新宮駅発
 ↓
振興局前下車
徒歩 5分

・熊野交通バス利用
新宮発または勝浦発
 ↓
橋本バス停下車
徒歩 5分

トップページへ