HOMEへ

京都の観光はタクシーで!~50%割引あり

京都観光タクシー同友会の観光案内

賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)(上賀茂神社)《賀茂別雷大神》075-781-0011

上賀茂神社の桜2011年4月

2011-4-4 2011-4-13 2011-4-13
2011-4-13 2011-4-13 2011-4-13

 京都では最古の神社で、社伝では、神武天皇のとき、はじめて神社の北にある御阿礼(みあれ)所に神が降臨したという。(きん)(めい)天皇のころにはすでに祭礼がおこなわれていたといい、平安遷都後には王城鎮護の神として朝廷の崇敬を受けていた。弘仁(こうにん)元年(810)には斎院の制が施かれ、歴代皇女が(さい)(おう)となり、その制度は35代、約400年続く。長元9年(1036)には21年ごとに社殿を建て替える式年造営の制が定められ、文久3年(1863)までに32度の造営がおこなわれた。※『延喜式(えんぎしき)では名神(みょうじん)大社(たいしゃ)に列し、のち山城国一ノ宮として尊崇。また、摂関家(せっかんけ)や源頼朝をはじめ、信長・秀吉なども参詣し、所領を寄進。特に徳川家は家紋の三ツ葉葵が、神社の神紋二葉葵に由来するところから、特に信仰を寄せていたという。明治以降、終戦まで官幣(かんぺい)大社(たいしゃ)として伊勢の神宮に次ぐ、全国神社の筆頭に位した。

二の鳥居 立砂 タラヨウの木
楼門 御所桜 風流桜

※『延喜式(えんぎしき) 「養老律令」の施行細則を集大成した古代法典。延喜5年(905)、藤原時平ほか11名の委員によって編纂を開始され、その後も修訂が加えられ、40年後の康保4年(967)に施行された。全50巻。

御神徳 厄除 雷の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されている。方除 皇城鎮護の神、鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、今日も建築関係等の方除祈願が多くある。

■神山(こうやま) 神代の昔、本社の北北西にある、秀峰神山に祭神・賀茂別雷大神が降臨したという。

◆立砂(たてすな) 神が降臨(こうりん)する依代(よりしろ)で、御神体山である神山の円錐形をかたどったものという。立砂の頂上には松葉が挿してある。

■本殿・権殿(ごんでん)[国宝] 現存する本殿と権殿は、文久3年(1863)の(ぞう)(たい)によるもの。同形同大で、漆喰(しっくい)塗の(かめ)(ばら)の上に井桁(いげた)に組んだ土台を()せ、その上に柱を建てる。三間二間の身舎(もや)に一間の向拝(こうはい)を設け、切妻造(きりづまづくり)平入(ひらいり)の屋根の前面を()き降ろす流造(ながれづくり)高欄(こうらん)七級(ななきゅう)木階(もっかい)なども素木(しらき)のままで、正面両脇間の嵌板(はめいた)には狩野派風の獅子(しし)狛犬(こまいぬ)(獅子と狛犬の違いは、狛犬には角がある)を描いている。階段の下には板を張って浜床としている。平安時代以来の形式を踏襲しているものと考えられる。

◆その他の建物[重文] 外幣殿・楽屋・拝殿(細殿)・土屋(着到殿)・舞殿(橋殿)・楼門・幣殿など建造物多数

◆タラヨウ(多羅葉)の木 ハガキの語源ともいわれ、葉の裏に尖ったものなどで字を書くと、やがて黒く浮き上がる。又は、火にあぶって吉凶を占ったとも。郵便局のシンボルツリーとなっており、葉の裏に通信文を書き、表に住所ラベルを貼れば郵便局で配達してくれる。ただし、切手は80円必要である。

◆競馬(くらべうま)神事 5月5日。寛治7年(1093)以来の伝統をもつ。午後から2組に分かれ、馬の競馳を行い、米作の豊凶を占う。

◆葵祭 5月15日。上賀茂・下鴨両神社の例祭で、祇園祭・時代祭と並ぶ京都三大祭の一つ。祭に参列する人々の衣冠(いかん)牛車(ぎっしゃ)を葵の葉でかざるのでこの名があり、賀茂祭とも呼ばれている。欽明天皇のころ五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)を祈念する祭礼が起源とされ、もっとも盛大だったのは平安時代。中世になって中断したが、明治17年(1884)に官祭として再興された。行列は大正15年(1926)更に整備され、昭和となり国内情勢の激変により昭和18年(1943)雅やかな行列はやむなく中止とされ社頭の儀が斎行されるのみになる。その後、昭和31年(1956)に(さい)(おう)に代わる「(さい)王代(おうだい)」を中心とする女人列も復興され、往時の如く華やかな行列が京都の市中を巡る。

◆烏相撲 重陽の節句にあたる9月9日。賀茂氏は八咫烏(やたからす)の子孫といわれる。このことにより烏相撲という子供たちの相撲が奉納される。二組に分かれた子供の相撲で、各組から刀禰(とね)という老人が片足で()ねて登場(烏跳(からすとび))し、神殿前に円錐形に砂を盛った神の依代(よりしろ)である(たて)(すな)に刀や弓矢を立て、烏の泣き真似をするところから、この名がある。

山城(やましろ)(のくに)風土記(ふどき)

 『山城国風土記』逸文(いつぶん)によると、玉依姫(たまよりひめ)(下鴨神社祭神)が瀬見(せみ)の小川で川遊びをしていたとき、川上から流れてきた丹塗の矢を取り、これを枕辺(まくらべ)に指し置いて身ごもって生まれたのが賀茂(かも)(わけ)(いかずち)(のみこと)で、この矢は乙訓坐(おとくににます)火雷命(ほのいかずちのみこと)(松尾大社祭神)であるという。成長してのち、玉依姫の父、賀茂(かも)建角身(たけつぬみの)(みこと)(下鴨神社祭神)が盃を渡して、父に飲ませよというと、天に向かって酒杯を投げ、自らも天に昇ったので、天の神の子であるとわかったという。賀茂の社を氏神とするが賀茂氏は、秦氏とならぶ古代豪族で、秦氏の氏神は松尾(まつのお)大社であった。上記のことは、古代においての豪族、賀茂氏と秦氏の関係を暗示している。

資料 昭和京都都名所図会 竹村俊則著より

HOME 京都観光コース タクシードライバーの桜花・紅葉情報 お薦め食事処
京都・奈良・滋賀観光社寺 京都観光タクシードライバーの小噺 お薦めのお休み処
はじめての京都コース タクシードライバーの桜花・紅葉のブログ タクシードライバーの研修会
貸切料金表 京都観光情報サイト 相互リンク
観光タクシーのお問い合わせ・お申込みは
Tel: 090-6601-4845 京都観光タクシー同友会 代表 (個人)中井タクシー