S l o w   L i f e

那覇祭り・・・・大綱引き  

今年の綱は長さ191メートル、直径1.6メートル、重さ40.1トンの巨大なギネス公認の大綱である
綱引きの由来
 商都・那覇の綱引きは、沖縄各地の農村や漁村で行われる豊年祈願や災厄払いのための綱引きとは異なり、余興性の強い行事として行われてきた。
「那覇四町大綱の歴史」によると、17世紀ごろジュリ馬行列祭の際に辻と仲島の遊女達が綱引きを行ったのが起源とされている。
行列が済むと遊女達が男綱と女綱側に別れて綱を引き、女綱側が勝てば景気がよくなるとされた。

国際通り等での『市民演芸・民族芸能パレード』など多彩なイベントが行われ3日間のイベントを盛り上げてくれます。

 

綱引き後の綱は縁起物とされ、1年間の無病息災、家内安全にいいとされる。早速ヒヌカン(台所の神様)にお供えられた

 


戻る