こころを強くするメッセージ


「朝礼・365日」のご案内

こころを強くする「日替わりメッセージ
―――――――――――――――
この「メッセージ」はあなたが別の「あなた」になるお手伝いです。



「こころのマーケティング」  

 
作った「モノ」を売るのが「セールス」、売れるモノをつくるのが
「マーケテイング」。つまりよき商品づくりはよきこころづくりが必要だ、
ということです。そうです「こころのマーケティング」です。  

企業の商品開発はすべからくマーケテイング・マインドの涵養・
開発です。つまり「役に立ち・喜ばれ・感謝される」商品づくりです。
そして その「商品づくり」の基本が「心づくり」です。その第一歩が朝の
「こころづくり」・朝礼の実践・実行です。

その365日分をまとめたのが
@〜Dまでの編集項目です。

サンプルを「無料提供」しています。下記参照。


さてその「こころづくり」の第一歩―――以下の「メッセージ」です。



            

● 「朝礼・365日」のサンプル・「メッセージ」です――――――――――――――――


 「なぜ」ではなく「どうするか?」


「なぜ」ではなく「どうするか」を私たちの
生活・人生信条にしたいものです。

 なぜ、苦しみがあるのか・なぜ、私だけが
 不幸なのか、なぜ、人は死ぬのか――これは
 人間の理解を超えた事由であり、原因・結果
 も無限であり無窮なのです。

したがって「なぜ」の究明だけに力を注ぎ
こむと、心身ともどもにマイナス現象となり
「どうするか」の方策に活路が開かれません。

「なぜ」は愚痴に通じます。不平・不満の塊
がふくれ上がります。そして、人をうらみ・
 世をうらみ・天地をのろいます。

さあ「どうするか」の力を貯えましょう。
「いま」をどうするか「あす」をどうするか
 「人生の終わり」をどうするカ――即・どう
するか、の実践にはいりましょう。

それに必要なのは知恵と良識です。知恵は
 畏れることであり、良識は心身の調和です。

 それに感謝をつけ加えましょう。感謝は疑
  問をひもどく道しるべでもあります。


===================== 

「儲けても儲けなくても」

ヒト・モノ・カネのからみあいが、この世であり人生
です。それは人間関係・仕事関係金銭関係であり
「間」との関わりあいです。
 
人に好かれ・仕事も順調にいき・お金もどっさり
儲かる――そんな幻想は捨て去る事。
 
人生・そうならないのが現実です。したがってまず
 「現実」を理解・認識することです。
ヒト・モノ・カネの流れが思うようにいかないときも、
 愚痴・不平を言わないこと。
 
「私はどんな境遇にあっても足る事を学んだ。
私は貧に処する道を知っており、富におる道も知っ
 ている。飽くことにも飢えることにもありと全ゆる境遇
に処する秘訣を心得ている」

秘訣とは「足る」ことを知ることです。儲かっても
儲からなくとも愚痴を言わず、結果に満足し感謝
する事です。

「不足」を悔やむのは「現実」を理解していな
い証拠です。
 「無くて」モトモト、不足の不平で「足る」状況に
 なる事をとり逃がさないことです。

  --------------------------------------------- 


「買う身になって考えること」

 

 金づくりは人づくり・仕事づくりの総和です。金
はカネ(仮値)つまり仮の価値です。
金が絶対であり金が命だと思い始めると、仮
値が消えていきます。金は「モノ」なのです。

仮値を「価値」にするのが人であり仕事です。
 価値は相手の役にたち・喜ばれる「物」であり「サ
ービス」「システム」です。世の99%は同じ物・サ
ービス・システムです。

 その99%の中からあなたの「価値」を選んでも
らうのです。つまり、「付加価値」です。

付加価値はあなたの商品が99%の商品とど
う違うかの証明です。百円という仮の値を千円・
 万円にするかが、あなたの「価値」の創造行為・
 付加生産行動です。

付加価値はあなたの心です。人が仕事が商品
をつくりビジネス行動となっていくとき、あなたの「心」
が証明されます。
 
百円が千円 になります。千円が万円になりま
す。その極意は相手を儲けさせてやることです。
 
   この奥義をじっくりと考えることです。

  --------------------------------------------


「子供の犯罪は当然!」

親が子に教えなければいけない、大事なことの
 一つは「畏敬」です。尊ぶべきものを敬う。尊重す
べきものが何であるかを、教えさとすことです。

「畏敬」の心は知恵と教訓とを悟らせ、悟りの
言葉を領かち与える。また、賢い行いと正義と公正
と公平の教訓に導き、思慮のない者に悟りを与え、
とくに、若い者に知識と慎みとを得させる――

お父さん・お母さん、つまりあなたがまず畏敬の
念をもつことです。子供は自然にそれに従います。
  「あなたの父と母とを敬いなさい」との法則が
日常生活の中で生かされるということです。

「そうすれば、あなたとあなたの家族は幸せになる」
との真理が現れてきます。

「正義・公正・公平」とかの言葉を、絵ソラゴトと
して馬鹿にしないこと――そういうヒトは全てその報い
  をうけています。いまは「悪い時代」なのです。
心することです。


  

■□■■□■■□■■□■■□■

 
 朝礼365日・「こころを強くするメッセージ」の詳細について
は kokoro@song.ocn.ne.jp までお問い合わせ下さい。



==================


安達三郎 (経営コンサルタント)   


                 
 安 達 三 郎

  東京・新宿

◆編集目次◆
@ 「こころを強くするメッセージ」のご案内 
A 「メッセージ」 その@1日〜100日まで
B  「メッセージ」 そのA 101日〜199日まで
C   「メッセージ」 そのB 200日〜299日まで 
D 「メッセージ」 そのC 300日〜365日まで

   悩み・イジメに打ち克つ心のマーケティング…心の難問や危機に勝利!人々の心へのとりなし作業〜心を強くする「メッセージ」 メール問い合わせ ←ご連絡はここから
 なお、「お気に入り」にお加えください。お役にたちます。

悩み・イジメに打ち克つ心のマーケティング…心の難問や危機に勝利!人々の心へのとりなし作業〜心を強くする「メッセージ」 カウンター
カスタム検索