サクランボ栽培         

   サクランボは鉢栽培のメリットが最も発揮される果樹です。
     22年度より接木に挑戦しています。極めて有効な技法です。
      家庭の果樹栽培の中で最も難しい。
      だからこそ面白い。
          樹が若い内の管理は比較的簡単ですが、年数を経ると木肌が荒れて
          病気が出やすくなります。
       難しいからこそ最初の1個を収穫した時の達成感は最高でした。
      最初の1個を収穫できれば後は段々に要領が分かってきます。
      アメリカンチェリーは1本だけでも実がなります。
      つぼみのある苗木を買えば翌年から少しは収穫を楽しめます。
紅てまり  25.6.6
    
    25年度
      カメムシの忌避剤を初めて使ってみましたが抜群の効果がありました。
      設置してからのカメムシによる被害は0でした。
  
25.6.23   大将錦 25.6.20   佐藤錦

25.6.13
夢あかり レイニア

25.6.9 
紅秀峰 紅きらり
24年度の画像
24.6.17  
紅てまり:美味 香夏錦

24.6.17  高砂

24.6.14 24.6.7
おりひめの季節 紅秀峰

24.6.7
紅さやか アメリカンチェリー
      過去の結実の様子

7.18  晩成のサクランボ
夢あかり マドンナの瞳

6.20
サミット ナポレオン

6.17
おりひめの季節 大将錦

 
6.14
佐藤錦 高砂

さおり 香夏錦

6.4
夕紅錦 正光錦

6.6
アメリカンチェリー 紅さやか

樹形:紅秀峰
開帳型  棒仕立て
 難しいからこそチャレンジしがいがあると思って頑張って工夫して3〜4年目にして
 やっと要領が判ってきました。
 サクランボの他の果樹との大きな違いは開花から果実の成熟の期間が著しく早いことです。
 収穫前の管理は鳥に食べられないように防鳥ネットに入れることと、裂果を防ぐために
 雨にあてないことです。
 鳥はサクランボのような赤い果実には特に魅力を感じるらしく、防鳥ネットの外に置いた実は
 全て食べられます。

鉢栽培のメリット
 鉢栽培することにより地植えなら長い年月がかかるサクランボも3年位から楽しめます。
 根域制限することにより結実が早まり果実の糖度も地植えより高くなります。
 樹形を低くできるので管理がし易くなります。

 サクランボ栽培のチョットしたヒント

     その1 落果防止(最重要)
               生理落果の2大原因は授粉の不完全と樹勢が強すぎることです。
               その他、サクランボは他の果樹に比べ開花から結実までの期間が著しく短いため、
               果実の成長、肥大は前年に樹が蓄えた養分に頼っています。
               従って葉を自然落葉まで健全に保つことが翌年の結実に影響してくると考えられます。
        ハダニ等により早期に落葉してしまうと翌年の結実が不良になります。
               授粉は下記に記載したように十分に丹念にする必要があります。
               地植えの場合は樹勢を落とすために断根などの処置が必要になってきますが、
               鉢植えの場合は
根域制限をしているので実はつきやすいのです。
               実のほうに栄養を廻すために巨峰等のブドウのように摘心という作業が必要です。
               サクランボ栽培のコツは枝の誘引と剪定、摘心であると考えています。
               開花して1個でも結実すれば成功です。翌年からは収穫量は増えていきます。

     その2 施肥
               若い樹には窒素を少なめに与えます。
        
殆どの落葉果樹は新梢の伸びが止まる6月〜8月頃に翌年の花芽ができます。
               この時期は肥料の効きを減らして新梢の伸びるのを抑えるようにしないと
               花芽ができにくくなります。
        1樹あたりの窒素量を計算して与えるのも大変なので玉肥を分けて与えています。
               3月に玉肥、収穫後には即効性の化成肥料を与えます。
        10月上旬頃に玉肥やボカシ肥料を与えます。
               サクランボは秋肥を効かせることが大切です。
               カリは必要な栄養素ですが過剰ではマグネシウムの吸収が障害され
               糖度が低く着色も悪くなります。


     その3 剪定
               サクランボの特徴は太い枝を剪定すると枯れ込みやすいことです。
               剪定の基本は間引き剪定と弱剪定です。
               強剪定すると新梢が沢山出て花芽がつきにくくなります。
               主に冬季剪定で短果枝を多く作るのがポイントです。
               5月頃に新梢の先端を摘心することが大切です。これが花芽をつくるコツです。
               剪定のコツ
                 主幹延長枝と競合する枝は付け根から5cmで剪定。
                 側枝の延長枝と競合する枝は付け根から2cmで剪定。
               
暖地では剪定量が多いと樹勢が弱くなる傾向があります

     その4 水遣り
               発芽、開花、結実して実が緑色をしている間は十分に水やりが必要です。
               その後の実が淡黄色になってから収穫するまでの期間はやや乾燥気味にします。
               7月、8月の花芽形成時期は乾燥し過ぎないようにします。
               過湿を嫌いますが夏の水不足は葉、芽が枯れるので気をつけて下さい。

     その5 病害虫
               プロは春から収穫後まで多種類の殺菌剤、殺虫剤を使用するようです。
               病害虫に犯されていないか頻回にチェックする必要があります。
               害虫は気がついてから対処しても間に合いますが、
               病気はハッキリ分かった状態での除去は著しく困難です。
               10月末までは落葉しないように管理しないと翌年のための花芽形成が
               うまくいきません。

               炭そ病対策
          雨が多い6月〜7月、9〜10月に発生しやすい。
          休眠期に石灰硫黄合剤10倍液の散布。
                  開花直前にビスダイセン水和剤を散布。
                  開花期から収穫期まではキャプタン剤を散布。
                  収穫後はドキリンなどを散布します。
          枯れた葉や芽は早めに処分する。

              樹脂細菌病対策(主幹が枯れるやっかいな病気)
                  枝、幹に褐色の病斑を作り樹脂(ヤニ)を出し亀裂ができる。
                  主に冬に感染する。
                  9月上旬にICボルドー66D40倍を散布する。
                  落葉後に再度、散布する。 

                ハダニ対策
                
雨が多いと発生は少ないのですが晴天が続く時は葉裏にホースで水をかけるように
                  すると効果があります。
                  ハダニの発生初期は葉の緑が白っぽくなり進行すると葉がモザイク状になり葉脈部分が
                  黄色くなります。
                  ハダニは繁殖力が強く世帯交代が早いので同じ殺ダニ剤を連用すると耐性が
                  できやすいので種類を変えて使用します。

             コスカシバ対策(サクランボの代表的な害虫)
           食害が進むと樹が枯死します。大きな樹脂のかたまりを見たら要注意です。
           樹脂の中に虫糞が混じっていればコスカシバによるものです。
           9月上旬と10月上旬に高濃度のマリックス乳剤などの殺虫剤を幹にのみ散布する。
           4月に虫糞や樹脂をみたら幼虫を探し捕殺する。←参考書には書いてありますが、
                  これでは主幹が食害された場合は手遅れになるので駄目です
           枝幹の裂傷部は放置しないで癒合剤で補修しておく。
                  スカシバコンという性フェロモン剤がありますが広い面積に多数配置しないと
                  効果が無い
ので家庭栽培では実用的ではありません。

     その6 品種
               サクランボは一本では結実しないものが殆どです。
        最初は自家受粉するアメリカンチェリーからが良いと思います。
               品種の選び方は受粉の相性と開花時期を合わせなければなりません。
               サクランボにも早生、中生、晩生種があります。
               鉢栽培すると日照時間を調節して開花時期をある程度合わせることができます。

               
代表的な品種の説明

     その7 受粉
               品種間の相性としては、
               佐藤錦にはナポレオン、高砂、大将錦、紅秀峰、紅さやか、香夏錦の花粉が、
               高砂には佐藤錦、ナポレオン、紅秀峰の花粉が、
               ナポレオンには佐藤錦、高砂、紅さやか、大将錦、香夏錦の花粉が相性が良いです。
               基本は佐藤錦、ナポレオン、高砂の3品種を栽培するのがおすすめです。
               さおり、正光錦、高砂はある程度は自家受粉もします。

              授粉作業
                殆どの品種に授粉できるナポレオンの花粉を使用しています。
                授粉用のナポレオンは開花を促進させるために寒い間は室内におきます。
                開花したら葯だけを採取して一晩暖房機の前に置いて開葯させます。
                花粉を採取したら冷蔵庫に保管しておきます。
                授粉は晴れた、暖かい日を選んで5分咲きの時と満開の時の2〜3回します。
                雌しべの受精能力は開花から3日後までが高く、それ以降は低下します。
                授粉が充分でないと果実が小さいうちに落ちてしまいます。 
                満開になってから3週間くらいは土が乾燥しないように管理しないと落果します。
                ちなみにプロは人の手だけでなくマメコバチなどの蜂を使って授粉作業を
                したりします。


      その8 樹形
                サクランボの樹形の造り方は基本的には以下の3つです。
                1.主幹形仕立て
                    標準の仕立て方で側枝を水平に誘引します。
                2.細型主幹形仕立て
                    側枝を伸ばさないで棒状に仕立てる。
                    場所のせまい所での栽培に適しています。
                3.改良ブッシュ仕立て
                    主幹なしで根元から10本位を放物線状に立ち上げるます。

 苗木の入手法
   サクランボの苗木の入手は下記の通販などを利用してください。。
         天香園   山形県東根市 0237−48−1231
                         
品質は良いが、いつ配達されるか連絡が無いのが欠点。
                                      
http://www.tenkoen.co.jp/main
         イシドウ  山形県天童市上萩野戸982−5
                   品質は良い、対応はきちんとしている。
                            http://www.ishido.net/2index.html

  
生食以外の利用法

 付録:サクランボ狩りについて
     趣味と勉強を兼ねて山形県東根市のサクランボ農園に何度か伺いました。
     私のお薦めは太田さんが経営している神町観光果樹園です。
     ここのサクランボは仕立て、味ともに見事です。
     行った時にサクランボ栽培について判らない事を教えてもらいました。

     機会があったら是非訪れて見て下さい。

太田さんのサクランボ園  佐藤錦